ホーム>京野菜簡単レシピ>伏見とうがらし

京野菜簡単レシピ

伏見とうがらし

  • 古くは伏見を中心に、今では府域に広まって栽培されています。
  • 辛味の出ない品種です。
  • カルシウム、食物繊維が豊富です。
  • 網で軽く焼いたり、煮物、てんぷらなどに。若い葉や茎は佃煮にも使われます。

ヘルシーメモ

伏見とうがらしは、たんぱく質・カルシウム・リン等がピーマンの約2倍、食物繊維は3倍という優れた栄養価を持つ野菜です。さっと焼くだけで簡単に食べられ、食欲も増進する夏バテ解消野菜として、古くから重宝されてきました。美味しさ+ヘルシー、それが京の伝統野菜です。

産地JA

JA京都(大原野) (京北町、美山町、園部町、八木町、丹波町、瑞穂町) (ふくちやま、三和町、夜久野町) (伊根町、峰山町、丹後町) 京都やましろ(宇治市、山城町、木津町、精華町)

収穫時期

4月〜10月ごろ