ホーム>京野菜簡単レシピ>聖護院だいこん

京野菜簡単レシピ

聖護院だいこん

  • 約160年前、聖護院の農家が尾張の長大根から作りだしたもの。
  • 苦みがなく、ほんのり甘いのが特長。長時間炊いても煮くずれせず、とろっと仕上がります。
  • ビタミンCが豊富です。
  • ふろふきだいこんやおでんが一般的です。

ヘルシーメモ

ビタミンCとカリウムが豊富。ビタミンCは遺伝子を傷つけるという活性酸素の生成を抑え、ガン予防 にも役立つといわれています。消化を助けるジアスターゼが多く、身体に優しい野菜である事は衆知の事実。昔から伝わる千本釈迦堂の「大根焚」には中風封じの祈りが込められています。

産地JA

京都やましろ(城陽市、御牧)、篠

収穫時期

10月〜2月ごろ